Kyoto Brewing Co. - Wholesale

大地の賜り物 (Gift of the Fields)

新型コロナウイルスの影響により、私たちは京都醸造のやり方の多くを見直さざるを得ませんでした。これまでに下した決断は間違っていなかったようですが、パンデミックによってもたらされた劇的な変化は、私たちの見方を大きく揺るがし、今ある新たな課題と機会に目を開かせました。変更の詳細は今後数週間のうちに発表する予定ですが、すでに動き始めているもののひとつにはリリースする製品の種類や構成があります。
パンデミック以降、春夏秋冬の秋がリリースされていないことにお気づきかもしれません。「セゾン」 は、創業のきっかけとなったビールのひとつで、私たちのラインナップの中で大きな役割を果たしてきました。しかし春夏秋冬シリーズは季節感を出すという性質上、造りたいものよりも狭い枠に合わせなければならないことがよくありました。さらに、ベースのスタイルや名前が似ているために、年ごと季節ごとにどう違うのか、お客様を混乱させていました。
そこで2021年は、春夏秋冬シリーズではなく年に数回限定のセゾンとしてリリースすることにしました。それによってこの問題が改善されるだけでなく、よりその伝統にふさわしい理想的なものを造ることができると思います。
このビールはその第一歩です。いつも冬にリリースするストロングセゾンの流れを汲み、7.0%というこのスタイルの上限ぎりぎりのアルコール度数に設計しました。ホップは柑橘やライムのような特徴をもつニュージーランド産のMotuekaだけを使い、アルコール由来の甘みがその特徴を引き立てます。一方でドライでコショウのような特徴をもつセゾン酵母は、ビールをさっぱりと飲みやすく仕上げ、20%加えたライ麦の風味を引き出しています。いつもの冬のセゾンとは少し違いますが、今回のリリースは現代風にアレンジしたクラシックなスタイルをよく表現できていることにご納得いただけるでしょう!

名前の由来: セゾンは季節や収穫を思わせるビアスタイルです。ライ麦を20%、ホップはMotuekaを100%使うことで伝統的なセゾンを現代風にアレンジし、大地の贈り物を表現しました。

スタイル:
ストロング・セゾン
モルト:
Pilsner, Rye
ホップ:
ビタリング - Motueka
味・アロマ - Motueka
酵母:
Belle Saison
ABV:
7.0%
IBU:
19
ガスボリューム (炭酸ガス含有量):
2.6