重見天日 (New Day)

新型コロナウイルスの第一波が過ぎ去り、日本で営業を再開する飲食店が増えるにつれ、私たちはあることに気付き始めています。それは、徐々に飲みに行く人が増えていることです!

パンデミックを取り巻く不確実な状況や日本政府によるコロナウイルスの感染拡大防止対策により、何ヶ月もの間、多くの人はバーなど外でビールを楽しむのを止め、代わりに家でビールを楽しんでいました。お客様の飲用シーンが変わったことに合わせ、そのニーズを満たそうとすることは、私たちにとって興味深い転換となりました。しかしその間ずっと私たちは、これまで樽の売上を支えてくれていたバーやレストランが、この困難を乗り切れるかどうか心配していました。

まだ理想とは程遠い状況ですが、これらのお店が営業を再開するだけでなく、客足が戻ってきているのを見てうれしく思います。この重要な節目の時期にリリースするこのビールは、2つの目標を念頭に設計しました。

まず、より多くの醸造所がボトルでのビール販売に移行するにつれ、そのラインナップはよりホッピーなものが増えていっているように感じました。私たちもまったく同じで、KBC版のAll Together、それに続くダブルIPAのつるべ打ち、ベルジャンとアメリカのハイブリッドIPAのゆいをリリースしました。前のようにまたバーに出かけてそこで何時間も飲み食いして楽しむようになったら、多くの人がホップ疲れを癒すのに飲みやすいビールを求めるだろうと考えました。

次に、この新商品はバーが営業を再開するときの支援になることを期待しました。多くのお店は収益がほとんどない状況が何ヶ月も続いたため、手元に余剰の資金がありません。ホッピーなビールは集客にはいいのですが、醸造にとてもコストがかかるため、購入するのにもとてもお金がかかります。このビールは飲みやすさとお手頃さを両立し、バーが再開するときに少しでもバランスよくラインナップをそろえられるようになればと思っています。

ビール自体はとてもシンプルで、クラシックなウィラメットホップを特徴とするアメリカンブロンドエールです。マリスオッターとヴィエナモルトを加えたことで、ビールは薄くならずほんのりとした甘さとボディが感じられます。ホップにはすばらしい土っぽさがありつつ柑橘の特徴もあり、クラシックなアメリカンエールの発酵による特徴とよく合います。

その結果、素晴らしいシンプルで飲みやすいビールができました。この業界をここまで発展させてくれた場所に戻ってクラフトビールを再び楽しむのにぴったりです。怒涛の数か月を乗り越え、営業を再開するバーやレストランに乾杯!

名前の由来: コロナで世の中が大変な今だからこそ、状況が落ち着いてまた元の日常へと戻れることを願って。再出発のための乾杯をまずはこのビールで!飲みやすくてついついおかわりしたくなる、そんなブロンドエールとの新しい出会いを是非お楽しみください。

スタイル:
ブロンド・エール
モルト:
Pilsner, Maris Otter, Vienna
ホップ:
ビタリング - Styrian Goldings Bobek
味・アロマ - Willamette
酵母:
American Ale
ABV:
5.0%
IBU:
11.5
ガスボリューム (炭酸ガス含有量):
2.5
ボトルJANコード:
4589718740232

コレクション: ボトル

プロダクトタイプ: Beer


関連する商品