Kyoto Brewing Co.

一汁多彩 Brett (Farmer's Table Brett)

※プラケグの高さは57㎝あります。カプラー装着した場合の高さは60㎝強になりますので、ご購入前にご確認ください。

2020年の最初に私たちが掲げた目標の一つに「木樽熟成したビールをお届けする」というのがありました。それを目指し、限定ベルジャンインペリアルスタウト「冬眠からの目覚め」の木樽熟成ver.とHeretic Brewingとのコラボ・インペリアルレッド「異端者の逆襲」木樽熟成ver.を少量ながらリリースすることができました。

そして木樽熟成とは別に、もうひとつ自然の力を借り、特別なビール造りに挑戦するという試みがありました。それは昨年にUpright Brewingとのコラボビールとして野生酵母ブレタノマイセスを使用したテーブルセゾン「一汁多彩」を造ったことです。野生酵母とはいえ現代では特別な研究所で生産されていますが、それでも取り扱いの難しい存在で、ビール内でゆっくりゆっくりと熟成し、めくるめく変化を楽しめる特徴があります。英語でHorse Blanket(馬着)と称されることもあるほど生成される香りも独特です。

元々、低アルコール(3.5%)でシンプルでありながら複雑という難しいコンセプトのこのテーブルセゾンは繊細な印象で、モルト・ホップ・酵母の調和に重きを置いた複雑な設計がその背後にありました。その後、野生酵母ブレタノマイセスによる10か月の二次発酵は、その繊細なバランスを崩すことなく、さらに深みのある得も言われぬ味わいをビールに与えました。このどう働くかわからない部分を多く残す野生酵母を使用した初の試みがこのビールにどのような結果に導いたのか、最初に口にする皆さんがどんな反応をするか見るのが楽しみで仕方ありません!

※当商品は数に限りがあるため、普段から京都醸造のビールを「常設」してくださっているお客様に優先して販売いたします。ご理解いただけますようお願い致します。

名前の由来: 今回のビールはテーブルセゾン。テーブルという名のごとく、まさに毎日の食卓で楽しんでいただきたい一杯です。日本の食卓と言えば、一汁三菜(ご飯と汁物と3つのおかず)が基本。でも今夜は、味噌汁ではなくこのビールを「一汁」にしてみるのもいいかもしれません。今回はシンプルな「一汁」ですが、おやおや、台所からは多彩な「一汁」の香りも漂ってくるではありませんか。

スタイル: 
ブレタノマイセス・テーブルセゾン
モルト: 
Pilsner, Wheat
ホップ: 
ビタリング - Aramis
アロマ - Aramis
酵母: 
Belgian Ale
ABV: 
3.5%
IBU: 
15
ガスボリューム (炭酸ガス含有量): 
2.2